業務案内

会社サポート・起業について

ベンチャー支援

#
ベンチャー支援とは?

起業した会社の10年後生存率はわずか10%未満、という時代です。
数字の通りほとんどのベンチャー起業家が潰れてしまう理由はいくつもあると思いますが、「計画的なビジョンが無い」、「最初からビジネスモデルを絞り過ぎ」、「会計処理を的確に出来ない」、「経営判断出来る者が居ない」などが挙げられます。
私たちは、起業=土台づくりと捉えています。将来を見据えた的確なスタートが切れるよう、多くの成功事例を元にサポートします。

着手金
10,000円~

相談・お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

質問
そもそもベンチャー企業って何ですか?
回答
今までに無かった革新的な技術やサービス、製品などによって新しい事業を展開する企業がベンチャー企業と呼ばれる事が多く、仮に実績・知名度のある大企業が画期的なサービスを始めたとしても、ベンチャーと呼ばれる事はありません。
近年では情報通信系などのいわゆるWEB事業を展開する企業がそう呼ばれる場合が多く見受けられます。
一般的にベンチャー起業家達が目指すのはIPO(新規株式公開)となり、株式を一般公開(公募)し投資家の興味を惹く事で、資金調達を有利に進めたり、認知度向上による優秀な人材確保などを目指します。
起業時に「IPOを視野に急成長すること」を意識しているかどうかが、ベンチャーと呼ばれる(認識される)分かれ目であると言えそうです。
質問
ベンチャー起業の際、一番注意しなくてはいけない事は何ですか?
回答
当たり前のことですが、ベンチャーに限らず「起業すること」とは給料を自分で稼ぐということです。
そして、似たようなアイデアやサービスで事業を展開するライバルはたくさん存在しています。
その中で抜きんでて生き残っていく事は並大抵のことではありません。
急成長を描ける事業の計画性・運転資金・ターゲットの絞り込みやマーケティング・革新的なサービスであるかどうか、など重要な要素はたくさんあります。
そして、一番注意すること(重要なこと)は「経営者感覚」でしょうか。
全体を見渡せる視野と泥臭い仕事も厭わない姿勢が無いとベンチャー起業の成功は難しくなります。
質問
ベンチャー企業が優先的に受けられる公的支援みたいなものは有りますか?
回答
まず、ベンチャー起業家たちが成功することイコール、国や投資家が望んでいる事でもある、と言えます。
高度な技術やサービスが普及し、経済成長に貢献し、雇用の拡大といった好循環をもたらすベンチャー企業はひとつでも多い方が良い。
しかし、成功の確実性が無い企業に投資するにはリスクが高く躊躇する、といったハードルを下げるため、投資家リスクを下げる国の制度が整いつつあります。
他にも自治体や財団法人、商工会議所などがベンチャー支援目的のネットワークを形成し、有益な情報を手に入れることが出来る社会になってきています。
質問
ベンチャー企業が成功している場合の共通点は有りますか?
回答
事業計画=ビジョンやミッション、にブレがあっては失敗してしまうでしょう。
創業者(社長)に経営感覚が無い場合も致命的です。
財務管理、いわゆる「数字に弱い」経営者ならば、いくら営業力が強くとも黒字倒産のリスクに襲われる、などよくある失敗事例です。
品・サービスが良く、市場ニーズが存在し、営業販売力が有れば成功確率はグンと高まり、投資家の興味も惹くことが出来るでしょう。
ベンチャー起業したものの逆風に耐えられず、早い段階で諦めてしまう起業家も多いので、成功している多くの経営者は「折れない強いメンタル」を備えていると言えそうです。
質問
ベンチャーキャピタルとは何ですか?
回答
投資会社(ファンド)全体を指します。
株式公開(上場)を目指す優良ベンチャーを常に探しており、逆にベンチャー起業家たちは彼らに見初められたいと思っています。
ファンドは積極的な投資をおこなうと同時に取締役会などにも経営参画し、企業成長のためコンサルティング指導します。
ベンチャーキャピタル組織のほとんどは豊富な資金を有する銀行や証券会社を母体とし、一部民間にも存在している。

よくあるご質問

お問い合わせ

無料テンプレート

仕事に役立つ便利なWord、Excelテンプレートなどを無料でダウンロードしていただけます。ぜひご活用下さい。

お役立ちリンク

企業の再生から成長への取り組み

マイベストプロ

企業の味方コラム

会社案内詳細

#

住所
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-6-16
新大阪NKビル601号室
[地図はこちら]
TEL
06-6885-3990
受付時間
9:30~17:30
休業日
日曜日・祝日

お問い合わせ

Celebmin

ページトップ